胡蝶蘭をプレゼントとして贈る際の注意点

お祝い事があるときに送る花の代表的なものの中に胡蝶蘭があります。この胡蝶蘭をプレゼントとしておくることに基本的なポイントを抑えておく必要があります。まず、胡蝶蘭を送るときには、相手のことを考える必要があります。いくらおめでたいことで大きな胡蝶蘭を送って祝いたいと思っていても大きすぎて相手のお家で飾りにくくて迷惑をかけてしまってはいけません。従って、胡蝶蘭をおくるときには、迷惑にならないサイズを相手に聞いてからプレゼントをすることが必要なのです。他には、お店の開店祝いなどで胡蝶蘭をプレゼントするという場合もあります。そのときに気をつけなければならないこととして、赤い胡蝶蘭をプレゼントすることには気をつけます。理由として、赤色は火事を連想する色だからです。開店祝いなどで送る胡蝶蘭の相場としては、5000円から5万円が相場と言われています。

胡蝶蘭を相手にプレゼントするときに抑えておくポイント

胡蝶蘭を相手にお祝いとしてプレゼントするときには、スマートに送りたいと思うことがほとんどです。そんなスマートにプレゼントできるように抑えておくポイントがあります。まずは、贈ったあとに胡蝶蘭を置く場所があるかの確認です。確認が取れない場合には、小さめの胡蝶蘭をプレゼントすることが重要です。また、仕事の関係などで贈るときには、立て札を付けることで自社の企業をアピールすることができるため、立て札を付けるかつけないかも確認します。胡蝶蘭を選ぶときには、1本の花に蕾が2割ほどついたものをプレゼントすることも喜ばれます。理由として、相手も貰ってから長く胡蝶蘭を楽しむことができるからです。インターネットで注文することもあるため、注文した会社でのラッピングサービスなどのサービスの確認をしておくこともスマートにプレゼントできるか変わってくるため大切です。

胡蝶蘭をプレゼントするときのマナーについて

胡蝶蘭をお祝いのプレゼントに贈ることはとても喜ばれます。理由として、胡蝶蘭の花言葉には、幸運が飛んでくるという意味があるからです。また、根付くという意味のある鉢植えの花のため、幸運が定着するというとても縁起のよい花なのです。他にも、花を長く楽しめることや臭いのない花のため飾る場所を選ばない花なので贈り物にぴったりなのです。そんな胡蝶蘭を贈ることに基本的なマナーがあるのです。胡蝶蘭のプレゼントをするときには、奇数の本数を贈ることが基本になっています。これは、お祝い事なので割れない数として奇数にするのです。基本的に多いものは、3本で贈られることが多いのですが、さらに豪華にしたい場合には、5本で贈ることもあります。お祝いのメッセージを添えて贈ることも基本的なマナーになるため、一言添えておくることで相手にさらに気持ちが伝わります。