プレゼントとして胡蝶蘭を贈る魅力について

花をプレゼントしたいと考えていても、種類が豊富すぎて迷う方が多いです。花をプレゼントする場面は様々あります。例えば、誕生日、母の日、記念日と様々です。他にも、入院された方にもお見舞いに花を贈る方もいます。そのシーンによって贈る花は変わっていきます。様々なシーンでも似合う花に合わせて、ミックスされた花を贈る方もいますが、やはり大切にしたいもののひとつとしては花言葉になります。今回は、お祝いの時に最適な胡蝶蘭の紹介をしていきます。胡蝶蘭をプレゼントに贈る際は、開業や開店、開院祝いなどに贈ります。こんな機会は滅多にないといった方にも、昇進、就任祝いや新築祝い、誕生日や記念日にも最適な花になります。花言葉やそのようなシーンで贈るのが最適なのか、胡蝶蘭を贈ってはいけないシーンを紹介していきます。

胡蝶蘭のプレゼントを贈るときの花言葉の意味

胡蝶蘭には、素敵な花言葉があります。一般的な花言葉としては、幸せが飛んでくる、純粋な愛といった花言葉になります。また、色によって胡蝶蘭には花言葉が変わります。白の胡蝶蘭には、花嫁をイメージされるような清純といった言葉があります。そのため、ブーケなどにもお似合いな花になります。ピンクの胡蝶蘭は、あなたを愛していますという意味を持ちます。プロポーズの時などに、バラだけではなくピンクの胡蝶蘭も素敵です。他にも、花言葉だけではなく、誕生花として贈るのも素敵です。誕生花として贈るのは、1月17日になります。その日に誕生日の方に贈るにも最適です。そして、鉢植えは根付くといった意味があります。胡蝶蘭の花言葉と合わせると幸せが定着するといった意味が出来ます。そのため、お祝いの時にプレゼントするのが最適な花なのです。

胡蝶蘭をプレゼントしていい場面としてはいけない場面

このような素敵な花言葉のある胡蝶蘭ですが、プレゼントに最適なシーンとダメなシーンがあります。基本的には、胡蝶蘭は花粉や香りが少ないため、飲食店などのお店の開店などに贈るのも最適です。自宅に飾るのも花粉が少なく香りもきつくないため、部屋に臭いが充満することや、移り香を気にしなくていいです。他にも、簡単な手入れでしっかりと長く持つのでそういった部分でもプレゼントとして最適です。花には、旬があるものが多いですが、胡蝶蘭は一年中栽培しています。そのため、いつでもきれいで美しい花をプレゼントできます。胡蝶蘭を贈ってはいけない場面としては、入院の時などのお見舞いになります。胡蝶蘭は基本的に鉢植えになります。鉢植えは根付くという意味を持ちます。ということは、病気が根付くという意味になってしまうのです。そのため、胡蝶蘭だけではなく、鉢植えの花は入院などのお見舞いに持っていくのはマナー違反になります。桐花の場合は胡蝶蘭を贈っても問題ありません。