プレゼントする際に役立つ良い胡蝶蘭の見分け方

お祝い事に対してのプレゼントでよく見るものの一つに胡蝶蘭があります。胡蝶蘭は見た目も華やかで品があり、連なって咲いている姿は非常に優雅です。また長期間楽しめるお花でもあり、悪い育て方をしなければ1か月近く美しさを保つと言われていますし、長ければ2か月以上とも言われています。また花言葉もお祝いの場にふさわしいもので、幸運が飛んでくると、純粋な愛というものです。お祝いの門出を祝うにふさわしい言葉です。花言葉は同じ花でも色によって違うことがあります。バラやランも同様と言われています。そこまで気にしないという方も多いですが、できれば縁起の良いものを選んで贈りたいと思う物です。よく見かける白い胡蝶蘭の花言葉は清純、ピンクはあなたを愛していますというロマンチックな意味があるようです。悪い意味はないですから気にすることはないと思います。

相場を把握することはお互いにとって大切です

胡蝶蘭はラン科の多年草で原産地は熱帯アジアです。主な色は白、紅、ピンク、黄色です。温室での栽培を行っていますから、1年中手に入れることができます。高級な花ですから値段の上限は相当高額になることもあります。もちろん手に入れやすい価格の物もありますが、お祝いなどのプレゼントに対する値段なので数百円で買える切り花と一緒にはできません。これはお祝いを贈る際に考えなければいけないことですが、相場以下の物を贈る事も相場以上の物を贈ることも、あまり良いものではありません。もちろん個人が個人に贈る物は気持ちがこもっていれば金額は関係ないですが、できれば相場に近い額を贈る方がお互いのためともいえます。また法人が贈る者に関しては、相場をなるべく守ることは大切です。またお祝いの席だから大きければいいというものでもなく大きさや色を考えることは大切です。オフィスなどの新築祝いに大きすぎる物を贈ると置き場所に困ってしまいます。

胡蝶蘭はお花屋さんだけでなくネットでも購入できます

胡蝶蘭は長く楽しめるという意味では丈夫な花ですが、触ると場合によっては花が取れたり傷んだりしてしまうことがあります。ですから自分で運ぶときは細心の注意が必要です。またお花屋さんも在庫に限界がありますから、商品はかなり限られますし、ディスプレイされているお花は、数か所を経由していますから、送りたい相手の手に届くころに傷んでしまう可能性もあります。しかし最近は胡蝶蘭専門のインターネット専門店があり、直接送り先に贈ってもらえるため、生産農家から直接、お花を届けることが可能です。また全国に配送が可能ですから、遠方の方にもプレゼントとして贈ることもできます。もちろん実物を見ることができない不安はありますが、しっかりした通販サイト、特に産地との関わりが強い業者であれば、問題の無い商品を選んでもらえます。